忍者ブログ

株主優待利回りポートフォリオ~優待と配当利回りで貯蓄の達人

優待利回りを重視した株主優待ブログ。優待利回りと配当利回りで貯蓄の達人を目指す。高い利回りの株主優待株の長期保有で資金回収できるか実験中。

トプコン 7732

トプコン 7732
東芝系。技術力に定評。眼科用中心に医療用機器展開。農業分野開拓。
購入株価
397円
(2008年12月19日)
購入時の配当
1600円
 税引き後の配当
1440円
単元株数
100株
購入時の優待(1年分)
Quoカード(2000円分) 2枚
優待価値
4000円
投資金額
3万9700円
配当と優待(年間)
5440円
購入時純利回り
13.70%


財務は良くも悪くもない企業です。ライバルのソキアを買収するまでは財務は良好でした。東芝が3割以上の株式を保有しているので、倒産はないだろうと思います。

年月 優待・配当 優待・配当の累計総額
2009年3月分 配当180円  180円 
優待改悪にて2009年4月1日に397円で売却


コメント

株式売買手数料を無料にする方法



GMOインターネット(9449)の株主優待の利用で、年間1万円まで無料!

優待利回りの投資スタンス

1 自己消費できることが前提で、株主優待と配当の利回り税金を考慮した上で合計10%以上で資産運用を目標。と言っても、そんなお得な銘柄は数少ない上に、スクリーニングで対象があっても倒産破綻寸前のボロ株や、明らかに改悪や廃止が予想される可能性もあるので、5%以上の投資利回りから探し出す。

2 中長期保有が基本なので、財務状況が良好である事。四季報で自己資本比率、有利子負債、利益剰余金、過去の配当推移などを重視(いちおう)。あと会社側が長年継続してるなら尚良。株主をバカにしているような増資をしていないことも重要。インカムゲイン目的なので保有中の含み損は気にしない。

3 株主優待が廃止した場合は、総利回りを思案して長期保有せず売却へ方針転換。長期の波動で、株価が上昇局面の後、高値で揉みあう頃に売却益で利益確定できれば最高♪

相互リンク集

IPOストライカーの投資ブログ!

ぱんだの株主優待生活

株主優待生活のすすめ

優待大家の今日も勇往邁進!

1億円貯めて会社をスパッと辞めるブログ

IPO初値予想、投資初心者でも勝てるIPO投資


相互リンク&連絡先はこちら

にほんブログ村 株主優待ブログへ